フォトブックについてひたすらまとめるブログ

Webライター・カナリヤ響子がフォトブックについて、役立つ情報をひたすらまとめるブログ。フォトブック作成レビューもあり。

口コミあり。インスタントブックのスマホからの作り方を実際に試してまとめてみた

f:id:kyokocanarysan:20180812181224j:image

Instantbook(インスタントブック) を実際に作ってみたレポートをまとめます。

インスタントブックは、Instagramと連携したフォトブックサービスで有名です。
 
インスタントにフォトブック作成できるのが最大の魅力。
 
Instagramのタイムラインの写真や、撮りためている写真をサクッとフォトブックにすることができます。
 
今回は、スマートフォンからInstantbook(インスタントブック) を作成する手順をまとめます。
 

作成はアプリではなくWebサイトから

 

最近のフォトブックサービスは、アプリから作成するものばかりですね。

 

しかし、インスタントブックにはアプリがなく、ウェブサイトから作成するシステムです。

 

結果、ウェブサイトからの作成でも、アプリのようにサクッと作ることができました。

 

手順は、次の通りです。

 

インスタントブックの公式サイトを開く

f:id:kyokocanarysan:20180812173816j:plain 

 

スマートフォンから、Instantbook(インスタントブック) の公式サイトを開くと、このような画面が表示されます。

 

右下にある「いますぐつくる」をタップして、フォトブック作成をスタートします。

 

 

Instagramなどのアカウントでサインインをする

f:id:kyokocanarysan:20180812174117j:plain 

 

フォトブック作成の前に、SNSのIDでサインインをします。

 
表示されているSNSに登録していない場合は、新たにアカウントを作成する必要があります。

 
私はとりあえず、Instagramでログインしました。

 

写真のフォルダを選ぶ

f:id:kyokocanarysan:20180812174359j:plain

写真はカメラロールか、Instagramのタイムラインから選んでプリントできます。


カメラロールの場合は、スマートフォンのカメラロール(スマートフォンからアクセスの場合)にある写真から選べます。


Instagramを選択した場合は、現在タイムラインに投稿されている写真から選べます。


私は、カメラロールから写真を選ぶことにしました。

 

 

フォトブックに使いたい写真をアップロードする

f:id:kyokocanarysan:20180812174529j:plain

 

写真のアップロード画面に移ります。
右下の「画像を選択」をタップします。

 

f:id:kyokocanarysan:20180812174617j:plain

カメラロールが自動的に表示されるので、フォトブックに入れたい写真を、タップして選んで行きます。

 

f:id:kyokocanarysan:20180812174650j:plain

 

スポンサーリンク

 

写真は60枚まで選ぶことができます。

60枚以下の場合は、空白ページができてしまいます。

 

表紙の写真を選ぶ

 

f:id:kyokocanarysan:20180812174806j:plain

表紙に使いたい写真を、1枚アップロードします。
写真は先ほどアップロードした写真の中か、新たにアップロードするかのどちらかの手段で選びます。
 

f:id:kyokocanarysan:20180812174848j:plain

 

 

印刷内容との写真の並び順を設定する

 

f:id:kyokocanarysan:20180812175011j:plain

 

タイトルの印刷や撮影期間など、細かい設定をすることができます。
また、「写真の並び順」の項目で、「マニュアル」を選択すると、写真の順番を自由に設定できます。

 

f:id:kyokocanarysan:20180812175037j:plain

f:id:kyokocanarysan:20180812175114j:plain

 

f:id:kyokocanarysan:20180812175141j:plain

 


インスタントブックは、2ページ中の1ページに1枚の写真を配置することが決まっているのでレイアウトがシンプルです。
 
こんな感じになります♪>>>Instantbook(インスタントブック)
 

スポンサーリンク

 

f:id:kyokocanarysan:20180812175315j:plain

 

f:id:kyokocanarysan:20180812175344j:plain

 

 

最後に、確認画面が表示されるので、全ての項目を確認します。

 

f:id:kyokocanarysan:20180812175421j:plain

 

f:id:kyokocanarysan:20180812175445j:plain

 

写真のフレームのありなしの選択もできます。

 

f:id:kyokocanarysan:20180812175522j:plain

 

f:id:kyokocanarysan:20180812175547j:plain

 

 

支払い方法の選択をする

f:id:kyokocanarysan:20180812175649j:plain

 

支払い方法は、クレジットカードとコンビニ後払いの2種類から選べます。
クレジットカードの場合は、カード番号などを入力します。
ギフト券やクーポンがある場合は、ここでコード番号を入力します。
 
 

f:id:kyokocanarysan:20180812175728j:plain

 

 

送付先などの情報入力をする

f:id:kyokocanarysan:20180812175821j:plain

 

フォトブックを送付する際に、必要な住所や氏名などの情報を入力します。

 

注文確認をして完了

f:id:kyokocanarysan:20180812180043j:plain

 

最後に、入力したすべての情報の確認を行います。

 

f:id:kyokocanarysan:20180812180124j:plain

 

f:id:kyokocanarysan:20180812180157j:plain

私の場合は、アップロードする写真が決まっていたので、だいたい20分程度で作成が完了しました。

 

しまうまのフォトブックのようにレイアウトにバリエーションがないので、操作が早く、すぐに完了します。

 

作成したフォトブックは、1週間程度で到着しました。

 

写真60枚を使った場合で1週間程度だったので、写真の枚数が少なければもう少し早いかもしれません。

 


次回は、実際に届いたInstantbook(インスタントブック) の口コミレビューをしていきたいと思います。


そして、Instagramから連携して作る方法も試してみたいと思います。

スポンサーリンク