フォトブックについてひたすらまとめるブログ

Webライター・カナリヤ響子がフォトブックについて、役立つ情報をひたすらまとめるブログ。フォトブック作成レビューもあり。

インスタントブック(instant book)画質や仕上がりの口コミを実際に作ってまとめてみた

Instagramに投稿した写真を手軽にフォトブックにできる【Instantbook(インスタントブック)】 の仕上がりの口コミしたいと思います。


公式サイトに動画がありますが、パラパラめくりながら見られるのが特徴で、レイアウトはシンプルです。


それでは、画質も含めた【Instantbook(インスタントブック)】 の仕上がりの口コミを公開します。

コンパクトでパッケージが可愛い点を口コミ

インスタントブック(instant book)はかなりコンパクトサイズです。


画像出典:【Instantbook(インスタントブック)】

縦が96mm、横が144mm、厚さが12mmです。

専用のブックケースがついてるのもいいです♪



専用ブックケースに入った状態で到着するので、横からすーっと引っ張ると中のフォトブックが出てきます。


表紙は通常このような配置でタイトルと表紙写真が入ります。


画像出典:【Instantbook(インスタントブック)】

しかし、私はタイトルを入れてないのでこんな感じになりました。

口コミ的にいうと、表紙や専用ブックケースの感じがおしゃれなのとサイズ的に可愛い点が気に入りました♪


スポンサーリンク

パラパラなのがおもしろい点を口コミ

【Instantbook(インスタントブック)】 の公式にもありますが、パラパラめくりながら見られるのが可愛いです。ただ、写真のレイアウトが正方形、長方形の縦と横の3種類から選べるので、レイアウトがバラバラの場合はパラパラめくったときに統一感がないかもしれません。



見開きページで左側が空白ページになって、右側が写真が入るページになります。


1ページごとに写真が入っるのはすごくおしゃれだと思います。1枚のページには1枚の写真しか入れられないので、その点もスッキリしてて良いと思います。


口コミ的に言うと、イラストなどパラパラ漫画みたいなの作ると面白いのかもしれません。写真でも連写とかで、なにかできそうですよね。


パラパラとめくるために、紙柔らかくなっているのも特徴的です。また、紙の表面はちょっとザラザラしています。

暗い色がかなり暗くなるから明るい目がいい点を口コミ


画質は、あんまり良くありませんでした。そこだけが残念、でした。色が鮮やかな写真であれば結構きれいに出るとは思いますが、全体的にくすんだ感じになるので、写真が暗くなってしまいます。

InstagramのフィルターのGinghamを使ったようなくすみと暗さになってしまいます。それが似合う写真であれば良いのですが、クリアな色出したいとか、暗い写真でも鮮明さが欲しいと言うことであれば、【Instantbook(インスタントブック)】 は向いていないかもしれません。


以前に【しまうまプリント】インターネットでかんたん作成フォトブック で作った時は仕上がりがこれよりももっときれいでした。値段は多分同じ位だと思います。さらに安いお手軽・高品質の【ネットプリントジャパン】のフォトブック はまだ試したことがありません。


しまうまもお手軽・高品質の【ネットプリントジャパン】のフォトブック も口コミが多いです。

手軽に作るならリーズナブルだしおすすめ

口コミ的にいうと、【Instantbook(インスタントブック)】 は、パラパラめくって思い出の写真を楽しく見たい人にはオススメな音ブックだと思います。


Instagramだけで写真を見るのではなく、フォトブックにしてじっくり見てみたい、誰かに見せたいと言う時に、リーズナブルな料金で手軽に作れる店がおすすめです。60枚の写真が入って900円で作れるとは思えないほど、専用ブックカバーや外観はすごくおしゃれで可愛いです。


到着が1週間ぐらいかかってしまう点には注意しましょう。早めに欲しい人は、早めに注文したほうがいいです。フォトブックはネコポスで届きました♪



ちなみに、【しまうまプリント】インターネットでかんたん作成フォトブック は3日から4日くらいで届きます。Instagramからの写真もアプリと連動して入れられるようになっているので、便利です。


スポンサーリンク